読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDが気になる人におすすめの本

もうおなかすいた。

最近は夕飯を食べてもすぐにおなかがすいてしまう。

 

夕飯→甘いもののコースが定番化しているので、ちょと気をつけなきゃなぁ。体重うんぬんよりも血糖値上昇からの糖尿病が怖いもんね。

 

アイス毎日食べてた昔とか、恐ろしいよね。今でも全然食べれるんだけど、少し自粛している。

 

さて、今日はおすすめということで、こちら。

 

 

きっと世間一般の人は、彼のテレビでの告白でADHDなど発達障害を知ったという人も多いんじゃないだろうか。

 

栗原類くんは独特の存在感があり、個性的だ。ADHDと一言で言ってもいろんなタイプの人がいることをこの本は教えてくれる。

 

彼もだが、彼のお母さんもADHDだそうだ。でも、栗原類くんと彼のお母さんは全くタイプが違う。

 

ネットの発達で同じような悩みを抱えている人を探すことができるようになった。

 

 

その人がどんな人なのか?

どのような悩みを抱えているのか?

どんな特性があるのか?

 

 

ブログなんかを長く書いてれば、読めばつかめるのかもしれないけど、なかなか会ったことのない人の全体像をつかむのは難しい。

 

本であれば、人物像から悩みや特性など、ADHD発達障害に関わる部分が1冊の読み物としてまとまっているので、「こんな感じなんだなぁ」というのがつかめる。

 

ぼくはこの本を読んで、すごい似てる部分があるなと感じた一方で、栗原類くんのような強い興味を示したものが幼少期になかったなぁとふと思った。

 

 

ぼくの特徴としては、くだらないことにハマる……

 

 

たとえば、釣りの根掛かりを一日中取っているのも平気。

 

この一方で、熱中という意味での興味という感情がなかったように思う。とにかく無気力だったんだよね。。

 

だから、栗原類くんのような興味を注げる何かを持てるタイプのADHDの人は、ADHDという特性はすごく前向きな能力になるんだろうなと感じた。

 

あと、栗原類くんのお母さんの子育てについての項目が面白い。これぞ教育だよな!ということが書いてあり、よくある「勉強しなさい」とか「テストはどうなの」とかではなく……

 

 

この子の能力をどうやって活かそうか?

 

とか、

 

生きていく力をどう身につけさせよう?

 

 

といった本質的な子育てについての内容でとても興味深かった。

 

自分がADHDという人にもだが、子供がADHDだという人にも心強い本なのではないかな?と思う。

 

ふーん、なるほどなぁ、似てるところあるなぁ、という感じで読み進められるので、ADHDが気になる人にもおすすめ。

 

 

自分はADHDなのかな?という人は自分と重ね合わせてみることで、自分の中で結論が出るんじゃないだろうか?

 

ちなみに栗原類くんは服薬してないそう。

 

心療内科系統で薬出さないって、医療従事者視点から見るとすごく意外。栗原類くんはいい先生と出会えたんだなぁと思う。

 

服薬しないという選択肢もあるのだから、ADHDなのかな?と悩んでいる人は病院で相談してみるというのも一つの選択。

 

新年度、今までとは違うことをしてみてもいいかもしれない!

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村