読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDの人がブログを続けるということ

現在

ブログ再開から数日

 

再開したきっかけは前のブログにコメントをいただけたことだ。

同じような思いをしている誰かの役に立てれば……

と初めてみたものの、SEOなどをしっかり考えなければ検索上位には引っかからないし、そうなるとなかなか人目にすらつかない。

 

ブログが大好き!とか書くのが習慣化していて書かないと気持ち悪い!というわけでもなければ、やはりどうしても続かない。

 

僕自身、とても飽きっぽい特性もある。

これは性格なのかな?

 

ADHDの特性なのか性格なのかイマイチ判断がつかないことが多いので、このようなことを書きたい場合は、今後「特徴」って書こうかな。

これは特性なんだ!ってそもそも自分じゃわかんないしね。それが日常だから。

 

で、飽きっぽいという話に戻しますが、とにかく飽きっぽい。何かを始めてみても基本的には続かない。すぐに違うことが気になってしまう。

あるいっときはイイ!と思って熱中してもすぐに冷めてしまうのだ。

 

ブログもアカウントを何個持っていることかわからないw

とにかく新しいことをやってみることが好きでいろいろ試してみる。でもそこから継続につながることはあまりない。

 

ADHDは諦めない強さも発揮する

その一方で始めたら最後まで何があっても諦めない強さも発揮する。

たとえば釣りで根がかりしたときに、周りはすぐに諦めて切ってしまう。でも僕はこの根がかりに関しては何がなんでもとってやろうと思うので、どうしても帰らなきゃだったり人に呆れられたりせず、一人なら一日中かけてでも根がかり外しを行っていると思う。

 

スポーツでは水泳とダンスが僕の中ではハマった。

当時、フライングが2回までOKだったのにそれが1回までで失格になったのと同時に水泳は辞めてしまったが……とにかくフライングは必ずしちゃう子だったんだよねw

子供の頃は泳ぎ方を本で研究してそれを実際に試して、ダメなら違う方法を探して……と当時ネットがそんなに発達してなかったので、昭和よろしくスタイルで研究に没頭していた。お陰で大会新記録取れたんだよね。

 

ダンスは25歳のときに再開してヘルニアを発症するまで本気で取り組んだ。仕事なんてそっちのけでとにかくダンスを一生懸命やって、疲れたら次の日の仕事を休むようなスタイルでハマっていた。

運動系は何をやっても続かなかったけど、この二つは本当に没頭した。

 

これくらいブログも没頭できるといいなと思うけど、どうなんでしょう。ADHDの人にとって、ブログはハマればすごい向いたものなんだろうなと思う。

 

自分でいうのもアレだけど、ADHDの集中したときのパワーはすごいからね。

 

でもこんなブログでも誰かの役に立つんだと実感したので、今度は続けることができるな。仕事を兼業でやっているので、その兼ね合いもあるけれどゆったりマイペースに更新していけたらと思ってる。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村