読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の仕事

寒い寒いさむい!さ、さ、さ、さ、むい!

と思ったら、あ、あ、あ、あ、つい!むしむしむしむし......むしあつい!

鹿児島は今、変な気候であります。

さて、過去のお話ばかりしてるのでたまには今のお話もしてみます。

僕は今、薬剤師とwebライターの仕事をしています。

今日は薬剤師のお話。

薬剤師

僕は薬剤師になりたくてなったわけではない。でも今は、多かれ少なかれ僕にこの道に進むように勧めてくれた両親と祖父に感謝している。

薬剤師=薬局にいる人

多くの一般的な模範回答はこうでしょう。

でも僕はそう思わない。

と言うよりも、そうじゃない道があってもいいんじゃないの?と思っている。

何でもかんでもADHDと結びつけるのもどうなのか......とは思うが、こういう一般的な回答を好まない性分も今まで生きてきた中で生き辛さを感じてきた。

僕は模範解答が嫌いなのだ。

模範解答ではない回答を探したくなる。

だから薬剤師になるときも就職活動はテレビ局を中心に化粧品会社とか......薬剤師とは関係ないところを受けた。

今思えば単なるキラキラ就活だったのだが、この就活で拾ってもらえた地元の会社が僕にwebライターとしての道を拓いてくれた。

そしてさらに薬剤師という資格を前面に押し出すのではなく、付加価値として自分のスキルのプラスαとしてwebの仕事の際には利用している。

さて、今回は薬剤師の仕事についてだが、薬剤師になって気づいたことがある。

それは......

恐ろしく調剤ミスする

なぜこんなにもミスするのかよくわからない。

指差し確認をしようが、目と手を駆使して確認しようがミスをする。

倍量投与や28日分薬をつけ忘れ飲ませ忘れるなど......

教科書に出てくるだろうヒヤリハットも実生活で経験済みだ。

調剤ミスは薬剤師なら誰でもある。

でもこんなにも高頻度でかつ同じミスを繰り返す薬剤師はそうそういないだろう。

僕は調剤を行ったときに自分のできなさにガッカリした。

ADHDの人で薬剤師の人はどのくらいいるのだろう?

そして調剤ミスをしないようにどう工夫しているのだろう?

薬局のタイプにもよるが人を殺しかねない仕事。

たとえ皮膚科の門前としてもワーファリンを扱わないと言い切る薬局はそうそうないだろう。

ワーファリンなど規格や量を間違えただけで簡単に人を死に追いやってしまう。

この薬は扱いません!ということができるならいいがそうはいかない。

そう考えると、調剤ほどADHDの特性と噛み合わない業務はない気がする。

自分では正しいことをしているつもりが実際は無意識で違うことをしていたりするからだ。

ADHDにも様々なタイプがいるのだろうから、全員には当てはまらないだろうけど......

でもある程度の改善はできるはずだ。できないと決めつけるのはよくない。

できないものはできないし、苦手なものは苦手。それをわきまえた上で、どうしたら少しでもできるようになれるかを考えることが重要。

それにはやはりパートナーの理解と協力が必要不可欠だと僕は思う。

実際、僕はパートナーの理解と協力を受けだいぶ助けられている。

前述したようにヒヤリハットを経験しても次はどうしたらいいのか、この場合はどうしたらいいのか一緒に考えてくれる......

そういうパートナーがいれば薬剤師自体の仕事も前向きに行えるのかな?と思う。

もし調剤を行うなら、パートナーの理解は必要不可欠だと僕は思っている。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

にほんブログ村