気が散るも飽きやすいも前向きに考えれば個性。ADHDだって個性なんだ

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師

 f:id:orewaGOROkun:20170920024830j:image

 

チェーン店あんま行かないんだけど、来来亭冷やし中華に最近ハマってる。

 

さて先週はブログを更新できず!久しぶりに1週あいてしまった。。

 

忙しいのもあるんだけど、最近は自分の仕事の切れ間でちょっとした開放感があり、ドラクエにのめり込んでおりました。

 

そうです!ドラクエにのめり込んでたら、ブログの更新日がスッカリすぎちゃっておりました。

 

あれ?なんて気づいたの連休だもんね。

 

でもこれやっぱ習慣化できてる感覚はあるなぁ。FC2でやってたときなんて全然習慣化できてなかったもん……初めてコメントいただけて、あっ誰かの役に少しでも立ってるんだ!って思えてから、やっと継続できるようになったもんなぁ。

 

どんなこともそうだけど、続けるのって一番むずかしいよね!

 

 

【目次】

 

 

継続は難しくてものめり込むADHDの集中力

ADHDの人はしばしば驚異の集中力を発揮する。

 

これは過集中とかよく言われるけど、過集中ってかのめり込んでしまうというか気が気じゃないというか……もう狂気の沙汰w

 

じゃあ続けるの簡単じゃん!って思いそうなんだけど、それがそうじゃないのがADHDなんだよね。

 

この狂気の集中力を発揮できるのは特定のこと。気になって仕方ないことやどうしてもこだわりたいことなんだよね。

 

これがうまいこと継続すべき事柄と当てはまればいいんだろうけど、そんなうまくいくわけない。

 

最近のぼくの例でいえば、釣りで根掛かりしたときや家でカビを見つけたときは処理を何時間でも注力できてしまう。

 

一般的な人ならもういいかな?となるのかもしれないけど、このスイッチを切る感覚が自分にはない。

 

 

なんとしてでもやってやる!

なんだこのカビは!気持ち悪い!退治!

 

 

なんだかよくわからない気合が入る。

 

こうなるともうのめり込む、のめり込む。平気で数時間過ごすことができる。

 

 

気が散るのが早いのはADHDの短所であり長所

その一方で飽きるのが早いのがADHDの難しいところ。こんだけ過集中できるとかいってるのに、飽きやすい一面がある。

 

やっぱ矛盾した感覚を持ち合わせているっていうのかなぁ。

 

自分としてもこの表現が一番しっくりくる。自分の中に2つの矛盾した感覚があって、それが同時に出現するような感じ。

 

で、この飽きやすさとか気が散ることってマイナスに語られがち。でも自分はそうは思わない。この飽きやすさや気が散ることって、それだけいろんなことに触れられる。

 

だから、よくいえば次!次!っていろんなことに挑戦できるんだよね。

 

 

あとこの気が散るがゆえにフットワークが軽い部分もあると思う。気が散るから、同じ場所でジッとしてることが本当に苦手。

 

ぼくが調剤が苦手な理由の一つもこれ。

 

調剤室でこもってるってやっぱ向いてないと思うんだよね。サラリーマンのときはPCに向き合ってジッとしてたわけだけど、やっぱり向いてはなかったもんね。

 

それよりも、地方に出かけて人とお話してカウンセリングするとかの方がずっと自分らしさを出せていた。気が散るがゆえに、次これ次これ次これってテンポよく変わっていくことに対する対応はよくできた。

 

でもここも矛盾する一面があって、不測の出来事にはめっぽう弱いw

 

まぁとにかく不測の出来事が生じると焦ってしまって、不機嫌になる。これはプライベートでもそうw

 

飽きやすかったり気が散りやすかったりするくせに、不測の出来事には弱いってなんやねん!と思う。でもそれがADHDの特徴なのだ。そしてフットワークの軽さという面ではADHDの長所でもあると思うんだ。

 

 

飽きやすいくせに同じものばかり食べるのも特性か

飽きやすいくせに同じことを繰り返すという矛盾した一面もADHDはもっている。ぼくは毎日カレーを食べても飽きないし、最近はほぼ毎日カレーを食べている。

 

ADHDなら毎日違うもの食べたいんじゃないの?と思うかもしれないが、それは素人の発想だ。

 

ぼくはセブンなら牛カルビ弁当、マックならダブルチーズバーガーを毎回食べる。同僚とランチに行くと、今日はどこに行く?って話になるのがぼくは面倒くさい。

 

正直、毎日カレーでいいからだ。

 

行動が単調でワンパターンなのもADHDの特徴なのかもなぁ。昔付き合ってた人に、面白くないって言われたしw

 

前回、ADHDの思春期の子供を育てるのは大変だって書いたけど、ADHDの大人と付き合うのも大変かもしれない。一言でいえば、クセが強い。

 

ぼくなんかパッと見た感じものすごく上品で、まっすぐそうだ(自分で言っちゃうw)でも実際はクセが強い。

 

まぁでもこれが個性なんだよな。

 

これくらい前向きでいた方がきっと楽しく生きていけると思う。ADHDだなんて、なんでだ……なんて思うよりもADHDという人と違った尖った特性があるんだぜ!と前向きに考えたらいいじゃないか。

 

ぼくの母なんて、ぼくのことを生田斗真に似てる!って平気で外で言う。それだけじゃない。玉木宏にも向井理にも似てるんだって平気で言う。

 

それってもう完璧すぎて、どんな奴だよって話だ。

 

前向きすぎてクレイジーだ。

 

 

ぼくのパートナーはぼくのことをコロコロチキチキペッパーズナダルじゃない方に似てるって言う。

 

それってどこから引っ張ってきたんだよって話だ。

 

ある意味、前向きでクレイジーだ。

 

やっぱり人生は後ろ向くより前向いていた方が楽しい。日本人特有の謙遜なんていらない。前を向いて楽しく生きよう。

 

ADHDだってステキな日常がたくさんあるんだぞ!

 

おれはもうねむい。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

ぼくの不登校はADHDの要素。学校は行かなくても努力はすること

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師

 

このまえフェンティマンズのジンジャービアーの方が……

 

なんて話をして、さっそく買ってしまった。

 

f:id:orewaGOROkun:20170907014330j:plain

 

でも飲んで思った。

確かにおいしいんだけど、やっぱ意外とコーラもうまいかも!と……

 

どっちやねん!と。

 

「フェンティマンズ」ためしに飲んでみてね。

 

日本にはない味わい。

 

 

さて、先日こんなツイートをしたら、意外と反響があった。

 

 

 

 

せっかくなので、今日はこのツイートにまつわるお話とADHD要素を保護者、そして検索からたまたま訪れてくれた学校に行きたくない方々にお伝えしたい。

 

ぼくの場合、この時代は特にADHDパワーをフルパワーで発揮していた。

 

ADHDのお子さんを持つ保護者の方々はきっと子育てが大変だと思う。ぼくの母も、あなたは二度と育てたくない!と言っていた。それくらいADHDの子供と向き合うことは大変なのだ。

 

【目次】

 

 

グレてるわけでも不登校なわけでもなく、自主的な不登校

まず大前提だけど、学校に行かないことを推奨するわけではなく、こんな例もあるんだなという視点でみてもらえればと。

 

まずは親御さんに理解してもらいたいことを書いてみよう。

 

 

ぼくが朝から学校に行かなくなったのは中学生の途中から。

 

この頃はただ単に朝起きられなかったのと、8:15から始まる「ちゅらさん」が観たかったという甘ったれた理由だ。

 

これが習慣化していき、だんだん遅刻するようになっていった。

 

でも遅刻するようになって、思った。

 

「なんでそもそもみんな同じ時間にそろって座っていなきゃいけないんだ?」

「校則?いらんだろ、そんなもん!」

 

何かこう縛られているような窮屈さを感じて、ぼくは「校則」というものに違和感を感じ出す。

 

そしてこの違和感から校則がない高校に行きたいと思うようになり、たまたま校則がない高校をみつける。この辺が真面目!校則にこだわりを持って、「校則がない」という部分をちゃんと探すという。

 

で、校則がない高校に進学したはいいんだけど、やっぱり朝は起きられない。

 

そしてついに、

 

「そもそもなんでみんなと学校に行かなきゃいけないんだ?」

 

と思うようになる。

 

高校1年生から、さっそくぼくは学校に行かなくなった。高校3年生の頃は123日欠席、今でもキリがいい数字だったので覚えているんだけど……でもね、グレてたわけでも不登校だったわけでもない。完全に自主的な不登校

 

途中、みんなと同じことをしてるのが嫌になって、週に1日は全部自習にするよと担任に報告したこともあった。

 

自習ということで、学校に行ったとしても授業は何も出なくていいというマイルール。最終的に毎日自習になったのだけども。

 

担任も放任というか面倒で相手にする気もなかったのか、二つ返事で認めてくれた。

 

国語も高校1年生でやめた。そう、やめたのだ。

 

出るのをやめたんじゃなくて、国語というものが自分にはいらないから単位だけくれとお願いして、国語という教科ごとやめた。国語という教科はその後、自習という教科にぼくの場合はなった。

 

当時は融通がきいたからこういうことができたのかもしれない。

 

こんなことをしてる生徒は他にいなかった。それでもぼくはみんなと同じことをしてるのが嫌でしょうがなかったから、自由にできて満足していた。

 

この頃の尖った自我は特にADHDの現れのような気がする。

 

親はイマイチ理解できなかったようだけど、何を言っても言うこときかない僕に対して母は泣き、父は諦めていた。

 

ADHDの思春期は最強の厄介な性質を発揮するように思う。だけど、ここで大事なことは親は諦めてはいけないということ。

 

ぼくは朝から学校に行くことはまずなかったけど、それでも母が毎日お弁当を作ってくれてたことを覚えている。当時はなんとも思わなかったけど、やっぱりこういう背中って印象に残るんだと思う。

 

大人になってからどういう人間になるか。この部分に影響してくる要素な気がする。自分で言うのも変だけど、今はまっすぐな人間に育っている。

 

もし、お子さんがぼくが子供だった時のように、理解しがたい行動をとってもADHDの特性の一つなのかも?と受け入れてあげて欲しい。

 

その前にADHDなのかも?と今であれば思ってあげて欲しい。ADHDも2017年の今日ではだいぶメジャーになってきた。お子さんがADHDかも?と思ったら、臨床心理士のいる病院に行くといい。

 

 

adhd.co.jp

 

 

これは成人ってあるけれど、別に子供だって問題ない。

 

 

ADHDの思春期のお子さんを持つ親は通常の子育て以上に大変だと思う。反抗期とADHD要素がフルパワーで花開くから。

 

と、ぼくは思ってたんだけど、今の子供は反抗期がないらしい。実際に今どきの子は反抗期なんてないよ〜!って職場のおばちゃんも言う。

 

中3の息子がいるんだけど、息子もお友達も反抗期のような姿はまったくないそうだ。このおばちゃん、昼から飲んだりしょっちゅう飲み歩いてるし、飲みに行くと飲んでる時間も長い。平気で朝まで飲んでいる。

 

自分が息子だったら、グレるなーって思うんだけど、明日は息子と動物園行くんだ♪なんて言ってる。時代も変わったものだ。

 

 

話を戻すけど、そうなると自分の子供がADHD要素全開で反抗期よろしく、日常を過ごしていたら、余計に心配になるだろう。

 

でも周りと比べて自分の子供はなんで……とならずに、ADHDゆえのありあまるパワーを発揮してるんだなと捉えてもらえたら、子供は心救われるような気がする。

 

 

学校はただの箱であり、箱の外にはたくさんの道がある

さて、学校に行きたくない!という君が回り回ってこのブログに到達してくれているかもしれないから、その目線でも書いてみよう。

 

ぼくは学校に行かない代わりに、電車で旅をしてみたり、他の学校を見学しに行ってみたり、バイクでどこまで行けるか挑戦したり、湖で釣りをしたりしていた。

 

あとやっぱりADHDの性質なのかわからないけど、とにかく朝眠たくて仕方なくて午前中は図書館とか田舎のあぜ道で寝ていた。

 

正直、学校に行かずにした経験で今役に立っていることはない。

 

でも123日欠席しても大学に行けた経験や周りの人と違う道を歩んできた経験は、自分自身の自信になっている。

 

学校という箱から一歩外に出てみると、たくさんの道がある。

  

大検だってあるし、働いてから学校行きたくなったら行けるし… 回り道って無駄なようだけど、人と違うストーリーは個性になるよ。

 

学校という箱から一度出ると、たくさんの道がそこにはある。


今、学校に行きたくないなら行かなくていいと思う。

 

不安もあるかもしれないけど、みんなと同じように学校に行かなくたって、みんなが行く大学にはちゃんと行ける。ちゃんと「がんばる」 という経験をすれば。

 

 

学校が嫌なら行かなくてもいい。でもがんばる経験は大切

ぼくは浪人したんだけど、浪人が決まった4月の時点では、

 

●偏差値

英語 :60

数学:30

化学:30

 

こんな感じだった。英語は好きだったからできた。英語に関しては勉強するのも苦じゃなかったかな。そこはアドバンテージだったかもしれない。

 

で、残りの数学と化学は1年間の浪人生活でものすごくがんばった。

 

友達は作らないと決め、一日中勉強することにした……

 

今考えるともうちょっとやり方あったよな…って思うんだけど。。でもこの1年でやりきったといえるくらい努力をした。

 

この「がんばった」、「努力した」という経験がとても大切だと思っている。

 

自分レベルでいい。他人と比べたらこんな頑張り…なんて思う必要はない。自分レベルでがんばったという経験が大切なんだ。

 

社会に出て思う。

 

この人、がんばった経験ないんじゃないか?って感じる人はやっぱり甘い。パートナーの前職の後輩たちは断りもなく、突然出勤しなくなり辞めるということをしていた。

 

こういう無責任さは、人生のどこかでがんばる経験をしている人にはないはず。

 

勉強、スポーツ、バイト…ものはなんでもいいんだ。

 

なんでもいいからがんばる経験は大事!学校は行かなくても早い段階でがんばる経験は積んでおこう。

 

ぼくは学歴が…って話は好きじゃない。でも受験は誰しもが平等に与えられた、努力する機会だとは思う。だから受験勉強をがんばることは大事。サイン、コサイン、タンジェントなんてどうでもよくて本質はそこじゃない。

 

目標に向かって努力するということ自体が大切だと思うんだ。

 

さて今週のブログは長くなってしまって、結局更新がだいぶ遅れてしまった……

世間は27時間テレビ

 

そういえばビートたけしもつい最近、ハーフタレントの件でこう言ってた。

 

「笑いが取れても、ただのバカはダメ」

 

これは端的にいろんなことをギュッと詰めて語っていると思う。

 

断りなく、嫌だから会社に来なくなるのはただのバカだし、自分さえよければいいというのもただのバカ。

 

ただのバカにならないために努力をすること、学ぶことはやっぱり大切。

 

おれはもうねむい。

 

 

ADHDのぼくだからこそできる無限の可能性の創造

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師)

 

相変わらず帰宅が遅くて、やりたいことがなかなかできない毎日。直近の楽しみは9月の3連休だなー。

 

とりあえずそこまでは駆け抜けよう!

 

 

ちょっと前に焼き鳥屋さんですごい美味しいジンジャービアーを飲んだ。

 

なんだこれどこのだ?と調べてみたら「フェンティマンズ」というとこの品らしい。で、それ調べてみたらコーラの方が評判よかったんだよね。

 

だから買ってみたよ。

 

f:id:orewaGOROkun:20170831031946j:image

 

 

まぁなんだか懐かしい味だけど、個人的にはジンジャービアーの方がいいかなぁ。

 

 

さて、担当施設でお世話になってる管理者の娘さんが薬剤師になりたい!と言ってるらしい。ぼくが娘さんの年の頃は串揚げ屋さんになりたかったなぁということを思い出した。

 

単純に串揚げが大好きで毎日食べたいなぁと思っただけのこと。

 

そう考えると具体的に薬剤師!なんて出てくる娘さんすごいなぁ!と思って、どういう子育てしてるんだろ?ってちょっと気になった。

 

 

ADHDの当たり前は当たり前じゃない!薬剤師じゃなくてもいいじゃん

塾に通わせて無理矢理つめこむって感じのお父さんじゃなくて、夏休みの宿題を子供達と一緒にみんなでやる感じのお父さん。お母さんはそこに出てこない感じからして、この家はお父さんが勉強教えたりしてるんだなぁって、なんだか微笑ましかった。

 

学校行事も率先して行ってる感じで、いいパパなんだなと思ったり。

 

無理矢理に薬剤師にすることはできるだろう。でもこうやって自分の意思で薬剤師になりたい!なんて素直な気持ちで思う子っているんだなぁって思った。

 

 

でもお父さんと話しててちょっと違和感を感じたこともある。

 

 

それが薬剤師=薬剤師であれという感覚だ。

 

 

何を当たり前なこと言ってんだ?と思うかもしれない。でもここがADHDの人にとっては違うのかもしれない。

 

ぼくにとって、薬剤師は薬剤師じゃない。極端な話をすれば、薬剤師でダンサーでもいいし、薬剤師で料理人、薬剤師で大工でもいい。 

 

でもお父さんにとっては、薬剤師は薬剤師。

 

病院・ドラッグストア・調剤薬局

 

これらのうちどこかで働きつめることを指していた。

 

ぼくはやっぱりどうもこの感覚に違和感を感じる。薬剤師というのは薬剤師の仕事ができるステージに立っているのだけれど、薬剤師でなければならないわけではない。

 

 

一つの仕事ではなく組み合わせて可能性と新しい価値を創造する

薬剤師になる過程で得てきたことや、薬剤師になってから経験したことを組み合わせていけば、人とは違う無限の可能性がが広がるじゃないか!と思うんだ。

 

みんななぜかAという仕事の中でレベル1→レベル100を目指そうとする。

 

でもぼくはAでレベル10、Bでレベル10、Cでレベル10……

 

組み合わせて、レベル1000の人間でありたいなと思う。少しずつ経験と実績を重ねていくと、違う仕事に移ったときにそこで活かせることが必ずある。

 

そしてそれは新しい価値を生む。

 

別にいろんな職業を経験しようとかそういう意味ではないんだよね。でも枠組みにとらわれないで、やってみたいことあればそれをやって、組み合わせていこうよということ。

 

ぼくは今、

 

自分という人間性×サラリーマン経験×ライター経験×薬剤師

 

これらを組み合わせて、自分だからこそできる在宅医療を提供することを意識している。

 

自分の薬剤師のレベルは3くらいだけど、他の部分でどう価値を生み出すかを考えることで、薬剤師のレベル50くらいの人に負けないオリジナリティーを出している。

 

自慢話になってしまうけど、施設から担当の指名が入るのは薬剤師レベル50のベテランではなく、薬剤師レベル3の自分。

 

組み合わせることで、可能性も広がる。

 

 

薬剤師という仕事にこだわりはない。資格にとらわれない生き方

だからといって、薬剤師であることにこだわりもなければ、薬剤師という枠組みの中で生きていこうとも思っていない。

 

今は在宅にハマっていて、在宅という分野で自分のオリジナリティーを出してどの程度勝負できるのか知りたいけれど、薬剤師でありたいとは思っていない。お陰で薬剤師らしさはまったくないw

 

薬局という器の中で在宅業務をする際に、薬剤師という資格がいる。自分の中の薬剤師というものはその程度。

 

まぁ調剤業務の方はテンでダメだから、薬剤師にこだわりはないというのも今はあるけど、ADHDだと知る前から自分は薬剤師であることにこだわりはなかった。

 

ADHDと知る前、薬剤師になる前からみんなそんなに薬剤師にこだわらないで、資格持ってるけど違うことすればいいじゃんと思っていた。

 

こういうこと言うと、せっかく取った資格なのにもったいない!と言う人もいる。でもぼくに言わせれば、その考えこそもったいない。

 

せっかく取った資格という考えは、視野やチャンスをものすごく狭める。人生という大きな枠組みで考えたときに、すごくもったいない生き方になってしまうと思うんだよね。

 

1×2×3×4=24

 

と彩り豊かな人生を送れるかもしれないのに、資格にとらわれるせいで、

 

1×1=1

 

と味気ない人生を送ってしまうことになるかもしれない。

 

もちろんいろんな生き方があっていいわけだから、枠組みの中で楽しめればいいんだ!って考えだってもちろんOKとは思うけど、自分はそうじゃないってこと。

 

型にハマらない、みんなが右に行っても左に行く。ADHDのこんなところは無限の可能性を創造できると思うんだ。

 

 

ADHDかはわからないけど、組み合わせで可能性が広がった例

ぼくがもともと勤めてた会社の研究職から、夫婦でパン屋になった人、天ぷらを研究して蕎麦屋を開いた人がいる。

 

パン屋になった夫婦は奥さんが研究職で旦那さんが工場の製造。社内で酵母の研究と製造に関わってるうちにパン好きが転じて二人でパン屋に修行に行こっか!ってなったみたい。

 

で、その辺のパン屋で修行じゃなくて、修行先が情熱大陸だったかプロフェッショナル仕事の流儀だったかに出てたパン屋でびっくりした。

 

天ぷらを研究して蕎麦屋を開いた人は、ぼくの上司だった人の上司。微生物の研究が天ぷらとそば粉になっただけと言ってたそう。

 

研究職で得た、データの取り方を活かしてそば粉や天ぷらを揚げる温度を研究してるって話を何回も聞かされた。

 

ちなみにこのお店は食べログの評価でも3.5以上となかなかレベルの高い店になっている。

 

この人たちがADHDかはわからないけど、ADHD気質ではあるんだろうね。彩りある人生で豊かでいいなとぼくは思う。でもぼくがいた部署の人や研究所の人たちの反応はぼくのそれとは違った。

 

ADHDの人は枠組みにとらわれないでも平気でしょ?これってものすごく創造性を秘めてると思うんだよね。一般的な感覚とは違う選択をできるわけだから。

 

 

ADHDで仕事がハマらなければ枠から外れたらイイ!

ADHDで仕事がハマらなくて辛い人は、組み合わせて何かできないか?考えてみたらいい。枠にハマらない創造性はADHDの強い武器。

 

辛い仕事を楽しい仕事にできると、生きることが楽しくなる。ADHDだからできないんじゃなくて、ADHDだからこそできることを探していこう!

 

ぼくの場合はこういうことをいつもパートナーが気づかせてくれるから、いいパートナーと巡り合うことも無限の可能性の創造にはとても大切。

 

 

おれはもうねむい。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

ADHDでもメモ魔になることでマルチタスクはこなせる

おれはもうおなかすいた。

 

f:id:orewaGOROkun:20170824225410j:image

 

おのれ!お盆明けの忙しさから解放されず、毎日帰宅が22:00近い。

 

サラリーマンのときなんて、20:00超えたらゲッソリしてたから、やっぱ精神的に豊かな心で働けるというのはとても大切なこと!

 

肉体的には疲れるけど、心地いい疲れだもんね!でも、もう一つ仕事してるのもあって、お陰でブログの更新がなかなか追いつかないんだけど。。

 

 

ということで、今日もちょっと思ったことを更新しちゃうぞ。継続が大事!

 

そう!自分に言い聞かせてるのです!w

 

 

さて、マルチタスクが苦手といわれるADHD。ぼくもサラリーマンのときマルチタスクがまったくこなせなかった。

 

一つのことやってるときに他のこといわれると、そっちが気になって……

 

そう!最初にやってたことはどこへやら。

 

スッカリ抜け落ちちゃうよね。

 

それがADHDマルチタスクの処理。ところがパートナーにメモを取れ!ということを教えてもらってからはどうでしょう。

 

メモに頼ることで、いつもなら抜け落ちることが蘇る習慣がついたんだよね。

 

今は担当施設を7施設くらい持ってて、あちらこちらで要求されることを全部メモして消化してる。

 

とにかく、メモ!メモ!メモ!

 

こんなメモいる?ってことまで、メモ!メモ!メモ!

 

メモするって最初は面倒だし、これはまぁ覚えときゃいいか!なんて言って、あまりしなかったんだよね。

 

でもメモをするようになってから、抜け落ちなくなる確率はズバ抜けてあがった。

 

同時進行で7施設からの要求をこなさなきゃいけなくなったとき、優先順位は正直混乱する。

 

何かに追われるとワァァァ!!!とパニックになって、ウロウロする。だからとりあえずトイレに行くか、お茶を飲んで落ち着くようにしてる。

 

で、優先順位こそうまくできないことがあるものの、こなすべきタスクをこなせなかったということは最近全くない。

 

 

メモとるのが恥ずかしい!なんて最初の頃、少し思ったこともあったけど、忘れることの方が恥ずかしい。

 

今ではとにかく第一優先はメモをとること。メモ帳は100均で買ったやつで、書きなぐっても名残惜しくないやつ。

 

そして終わったタスクから、OKといれるようにしている。 

 

ADHDだからできない!じゃなくて、ADHDだからこそできる!に変えていく。

 

特性の活かし方を工夫することで、ADHDのいい面を引っ張りだしていく努力をする。

 

ぼくはこれを常に頭においている。

 

やっぱADHDだからってのを言い訳にして逃げ道を作っていたら、レベルはあがらない。

 

ADHDか残念……よりもADHDの特性すげー!の方がなんか嬉しくない?

 

Giftedの名のとおり、ADHDは生まれながらに試練を与えられ、それは同時に人とは違う道を生きるチャンスを与えられている。

 

何事も前向きに考えていると、人生はひらける。やっぱり気の持ちようというのはとてもだいじ!

 

おれはもうねむい。

 

 

 

 

 

浮かれ気分はADHDの天敵!ADHDは旅行でもうっかりミスをする

おれはもうおなかすいた。

 

f:id:orewaGOROkun:20170818011937j:image

 

 最近、帰宅が遅すぎて夕飯をまともに食べれずストレス。そんな中、こいつにハマってます。

 

サラダチキン!うまし!

 

さて今週はちょっとイレギュラーな更新。

 

 

そう!なぜなら、お盆休みだったから!ブログは仕事じゃないけど、やっぱたまにはパソコンの世界から距離を置くこともいいデトックス

 

ということで、今日はちょっとどうでもいい話を少し。

 

たまにはこういうブログもいいでしょう!

 

 

 

まだ休みボケが続いてるのに、薬局はいきなりバタバタしてテンヤワンヤ。

 

昔、勤務中だけど仕事なくて一日中ネットサーフィンしてたこともあった。

 

その頃に社内ブログを始めて、初めて書くこと意外と得意かも!と思ったから、いいキッカケをもらえたとは思ってる。

 

でもね、暇でいいよなー!なんて思ったお友達は大間違い!

 

暇ってね、実際は拷問に近いのですよ。

 

朝9:00に出勤して、17:30にあがる。その間にすることは一日中ネットサーフィン。

 

1週間のスケジュールはブログの更新だけ!なんてこともよくあった。

 

特にみもしないのに、Yahoo!開いて消して、また開いて消して……

 

この頃はまだ仕事したくない!想いが強かったのと、働くことの楽しさなんて1ミリもわかってなかった。

 

だから僕は一日をものすごい無駄に過ごしていた。

 

でも無関心なことだからなのか、苦痛なのにも関わらず、この状況を受け入れることができた。

 

ブログの更新は毎日やるって決めて、それが終わったらずっとネットサーフィンだから、マイルールはあったんだよね。

 

こういうところもADHDの要素なのかなぁって今では思うけど、無関心なことだと苦痛でもまぁいいや!ってなって、その中でも自分のこれはする!って信念はあるから、俺はこれでいいんだぜ!って思ってた。

 

一般的な人からしたら、ハァ?って感じなんだろうけど。

 

ADHDのお友達はこの感覚がわかるかもしれない。一つのことの中に矛盾した事柄が成り立つ感覚。

 

前にも言った、人が好きだけど人が嫌いとかそういう感覚に似てる。

 

 

実際は暇すぎてすごく苦痛なんだけど、働くことに関心がなかったから、辞めようとも思わなかった。

 

苦痛だけどむしろ時間あって、お金ももらえてラッキー!くらいの感覚だった。

 

どう考えてもヤバいよねw

 

でもそんな底辺時代でも今に繋がってるなと思うのが、二つある。

 

 

一つは社内ブログの定期更新で得た、言葉を紡ぐ楽しさを知った感覚。

 

もう一つはパソコンができるようになったこと。 

 

 

言葉を紡ぐ楽しさを知らなければ、今こうしてブログを書くことはまずない。ブログやろうなんて思いもしなかったかも。

 

このADHDブログも最初は全く続かなかった。やっぱ仕事でやってたときと違って、周囲の反応もないし、そもそもこれ書く意味あるかな?とか思っちゃって……

 

 

でもそんな中、初めてコメントもらえて、あぁこのブログでも少しは誰かの役に立ってるんだなぁということを実感して、毎週チョロチョロと更新できるようになったんだよね。

 

今はパートナーと離れて住んでることもあり、パートナーも楽しみにしてくれてるし、やりがいもあるんだよね。

 

 

そしてパソコンができるようになったことは、とてもメリットが大きい。

 

新入社員のとき、甲子園に出た野球バカの同期がいて、そいつはパソコンの電源の場所を知らなかった。

 

「嘘でしょ?こいつはヤバいな!」

 

「ワッハッハ!!」

 

なんて思ってたけど、まさかの自分もヤバい奴だった……

 

研修のときにエクセルとかワードとか使って作業してパワポにまとめて発表しましょう!

 

ってなったんだけど、そのときにそもそもエクセルとワードとパワポを触ったことがなかった

のが野球バカと自分だけだった。

 

え?大学生ってエクセルとか使うの?そもそも新入社員研修ってこの辺のやり方から教えてくれるんじゃないの?

 

なんて、ゆとり世代じゃないけどゆとり感満載で臨んでいた自分がバカだった。

 

社会人は学校じゃないのだ。

 

 

でもぼくの武器は手に余る時間。みんなが仕事してる時間もぼくはフリータイムなのだ。

 

ネットサーフィンをしつつも、ぼくはエクセルやワードの使い方をパソコンから教えてもらった。

 

関数ってすげーな!こんなことができるのか!なんて感動したら、ADHDパワーを発揮。

 

アホみたいに関数入力したり、集計表作って集計してグラフを作ったり、実験して一日を過ごした。

 

sumから始めて、IF関数とかVlookup関数とかいろいろ触って覚えていったし、グラフも集計のやり方も学んだ。

 

もともとパソコン嫌いなんだよね。でもそんな自分が今ではパソコンを人よりは少し高いレベルで使えてる。

 

この嫌いなもので、人より秀でられたという経験も自信につながってる。

 

こういう成功体験って大事!

 

やっぱ調剤とか監査でミスする分、どこかでリベンジしなきゃ!って想いが自分の中にはあるんだけど、パソコン使えることがすごく役立ってるんだよね。

 

ただのネットサーフィンから、意味のあるネットサーフィンをしながら、社会人の2年間くらいは過ごした。

 

それからパートナーと出会い、働くことの楽しさを教えてもらいつつ、ADHDらしさも発揮しつつサラリーマン生活を終えた。

 

そんなパートナーとお盆に旅行に行ったんだけど、海グッズをうっかり全部忘れてきたんじゃないか?と焦った一面があった。

 

実際はバスの中に忘れただけでギリギリセーフだったんだけど、なんであんな大きい荷物忘れてバス降りるんだろうか?

 

f:id:orewaGOROkun:20170818134347j:image

 

忘れた荷物、これだからね……なんで忘れるんだ!と。。w

 

浮かれてるとか、心ここにあらずはADHDの天敵なのかもしれないね。

 

 

さて、明日も仕事だ!

 

毎日遅いのは辛いし嫌なこともあるけど、楽しく働けるってやっぱりイイ!

 

ADHDの人が組織で働くことは人に馴染む面でも簡単じゃないかもしれないけど、合う職場はきっとあるはず。

 

あと薬剤師や看護師であっても、パートで違う仕事もしつつってのもイイと思う。

 

別に医療職だけが仕事じゃない。

柔軟に柔軟に!

 

おれはもうねむい。

 

 

 

気が散って一つのことを完成させず次に移るADHDの衝動性はスキルになる

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師

 

最近おいしいラーメン食べてないなぁ。ということでふと思い出した、凪。

 

すごい煮干ラーメン凪 西新宿七丁目店

食べログすごい煮干ラーメン凪 西新宿七丁目店

 

いやね、ここの煮干しラーメンの濃厚だけど飽きないクセになるスープが最高なんですよ!あと、麺もおいしいっていうのが素晴らしい!だいたいスープ良くても麺がなぁってことが多いんだけど、凪のラーメンはベストマッチ!

 

 

さて、突然ですがぼくはやっぱりよく忘れる。

 

この前もトイレに行くとき、右手に傘を左手にペットボトルを持って入ったんだけど、傘忘れないぞ!って意識したのはよかった。でも、傘に意識がいってしまったのか、見事にトイレ内にペットボトルを忘れてそのまま出てくるという……

 

やっぱこういう忘れ物系はいつになっても抜けない。

 

【目次】

 

 

 

気が散るは散るけど、また元に戻れてる

ストラテラ飲んでて、確かに昔よりはよくなったのかなぁ?ってボンヤリ思うくらいで、実際はやっぱよくうっかり忘れちゃったりしてる。

 

でも最近、ふと気づいた。

 

忘れ物は相変わらずだけど、気が散って一つのことを完成させずに次に移って、その後に放置してたことを思い出して完成させてるなということを。

 

ん?

 

これってマルチタスクを消化できるようになってるんでないか?って。

 

だいたい、ADHDの特性としてよく気が分散して未完成にも関わらず、ひょいひょい次に移ってしまって、全部中途半端にしちゃうぜ!困っちゃうぜ!みたいなことがよく言われるよね。

 

実際、ぼくもそう。

 

気が分散するのかAをやってる最中にBが気になって、Bに夢中になってCもやらなきゃとなり、Aは結局忘れちゃう!みたいなことがよくあった。

 

今でもAをやってる最中にBをやりだして、Cもやる!みたいなことはある。

 

でも最近のぼくは、このCもやる!のあとに、Aに戻るというプロセスを忘れていない。これはストラテラの効果なのだろうか…?

 

 

気が散ったって立ち戻って消化できればマルチタスクのスキル

具体的には、薬を粉々に粉砕する業務をやりながら、電話対応で調整の連絡をしつつ、A施設に持っていく薬の準備もしちゃうという具合。

 

で、ここでいつもなら粉砕してることなんてスッカリ忘れちゃうんだけど、最近はちゃんと覚えてる。

 

変わったことといえば、ストラテラをちゃんと飲んでることくらい。

 

いまいちストラテラの効用ってこれに効いてるぜ!ってのを見つけるのは難しいような気がするんだけど。「なんとなくでも効いてる感じがするならそれでいいんだよ」って主治医はよく言ってくれる。

 

マルチタスクがこなせるのはとてもいいことで、忙しいときなんかは疲れるけど、やっぱものすごく効率があがる。

 

そして、スムーズに全部こなせたときの達成感は、もう感動でしかない。

 

あ、これ全部できた!やっほーい!!みたいな。

 

まぁやっぱ粉砕はすごく慎重になってる自分もいるから、粉の種類が多い場合はこなすマルチタスクの順番は変わってくるんだけどね。

 

でも、それぞれの対応を下記のとおりだとすれば…

 

粉砕:A

電話対応:B

薬の準備:C

 

A→B→C

A→B→A→C

C→A→C→B

 

こんな感じで状況で順番こそ入れ替わるものの、タスクを回してしっかり消化することができている。

 

 

マルチタスクはこなせても気になりだしたら止まらない

以前なら、AはA!BはB!CはC!みたいにそれぞれ独立してやらないと、忘れちゃってたんだけどね。

 

ただやっぱAをやってる最中にBが気になるともうBのことで頭がいっぱい!ということはよくあって、これはどうにかならんかなぁと思っちゃう。

 

たとえばこのBがここにないものでどうしようもないものだとしても、Bをいったん気になり出すとBが気になって仕方なくなる。

 

こういう感覚ってきっとADHDの人に特有の感覚なのかなぁ。

 

パートナーもこういうぼくをよくみてるから、また始まったよと思うみたいw

 

なにはともあれ、このADHDの衝動性ともいえる、完成させないで次に移ってしまう問題を解決できていることはストラテラを飲みだしての改善といえる気がする。

 

前はよく掃除するの忘れて、「誰だよセンノシドまいたの!」なんて言われてたしねw(センノシドは茶色で次使うものが白だと色が混ざっちゃう。だからまいたら乳糖で掃除する。普通は…)

 

 

ADHDの特性もプラスに捉えたらスキルにもなる

ADHDの特性的にマルチタスクは向いているのかもしれないね。料理人がこなすマルチタスクのようなものはぼくには向かない気はするけど、自分のペースで配分できるマルチタスクADHDに向いてる気がする。

 

あれもこれもそれもっていう、どんどん次に手をだしてしまうADHDの特性は、ちゃんと完成させられればマルチタスクをこなすスキルになる。

 

なにかとマイナスに語られる、気が散って一つのことを完成させずに次にいってしまう問題だけど、ぼくはプラス面から捉えてみたよ。

 

そうすると新たな見方が出てくるように思うんだよね。

 

やっぱり人生は前向きに前向きに!

 

パートナーは一度歩いた道を戻らないんだけど、これは過去は振り返らないって意味を込めてるんだって。

 

なかなかロックだなと思う。

 

ADHDもマイナスに捉えても仕方ないし、過去の失敗を振り返っても仕方ない。それよりも現状をみつめて、前向きに捉えていった方がおもしろい。

 

現状の課題もゆるーく向き合ってみたり、ななめから捉えてみたりすると思わぬ自分なりの発見があるかもしれないよ。

 

おれはもうねむい。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村

ストラテラで早朝覚醒が起こるとは言えないが、頓服としては使わないと言える

おれはもうおなかすいた(@ADHD、薬剤師

 

おっと、とっと夏だぜ!!!もう暑くてたまりません。

 

これだけ暑いと、業務用冷蔵庫の中で寝たいZZZ

または暑いものを食べて、汗をかきたい!

 

この辛いラーメン、久しぶりに食べたいなーなんて。

 

蒙古タンメン中本 西池袋店

食べログ蒙古タンメン中本 西池袋店

 

 

さて、病院に行ってきたので、その結果をフィードバック。

今日ブログの更新日だったことスッカリ忘れとった。

 

でも思い出したからセーフ!ということでいってみよう!

 

【目次】

 

 

ストラテラの副作用で一番多いのは眠気

ぼくはこの前の記事でも早朝覚醒に悩んで、ストラテラを減量したよーってお話をしました。

 

mouonakasuita.hatenablog.com

 

そんで、病院で主治医に相談したんですよ。

 

これ副作用じゃないの?ところで、ストラテラの副作用で先生が出会ったのは何が多いです?って。

 

そしたら、先生はこう言った。

 

 

先生:「睡眠時間のズレは?」

私:「ん?」

 

先生:「その症状が出始める前と今でベットに入る時間はどれくらい違う?」

私:「そんな変わらないけど、1.2時間は早いかな」

 

先生:「朝はだいたいどれくらいに起きてる?」

私:「症状出る前は9時半くらいですけど、症状出てからは4時とか5時とかで…」

 

先生:「いいかい?今は症状出てからのことを聞いてるよ」

 

 

………

 

 

こういうところなんだ。

 

先生との会話に限らず、話の時制がときたまわからなくなる。

どうもね、話の流れをつかむってのが苦手なんだよね。

 

で、まぁそれはいいとして。

 

いろんな睡眠にまつわる質問をして、先生は最後にこうおっしゃった。

 

今までストラテラを使ってる患者さんを診た中で一番多い副作用は、眠気なんだよね。

 

……

 

え!?

 

ぼくは言葉を失いました。

 

眠気ねぇ……

 

うーん、1ミリも感じたことないわ。

 

眠気に関していえば、ストラテラを飲んでからすこぶる改善してる。

まぁこれは寝起きの話だけど。でも学生の頃とか、新社会人の頃とかありえないタイミングで眠気を感じてしまって、おれはナルコレプシーか?と悩んだことがあった。

 

今でも隣にパートナーを乗せて運転してるときは、時たま強烈な眠気が襲ってくる。

 

日常の眠気で感じるのはこれくらい。

 

ストラテラを飲んでの眠気なんてまったく感じたことないんだよね。でも先生が診てる中では眠気の訴えをする人が多いんだって。

 

ADHDのお友達はどうでしょうか?

 

 

ストラテラ早朝覚醒?うーんわからない!

で、早朝覚醒についても相談してみたのですよ。そしたらね、早朝覚醒についてはわからないそうな。

 

先生すごいな!って思うのが、わからないことはわからない!ってちゃんと言ってくれるんだよね。

 

これって今まで出会ってきた、すごいなこの人!って思う人みんなに共通するんだけど、すごい人って知ったからぶらないんだよね。

 

わからないことはわからない!ってハッキリみなさんおっしゃる。

 

で、早朝覚醒はわからないけど、ストラテラを減らして早朝覚醒がおさまったならそれでいいじゃないかということになった。

 

 

ストラテラは頓服では使いません

あともう一つ、最近ぼくが密かに一人で研究していたストラテラ頓服問題。

 

 

mouonakasuita.hatenablog.com

 

これもついでに相談してみたんだけど、先生的には頓服は意味ないでしょ!とのこと。

 

むしろ、

 

「先生!ストラテラを頓服で……」

 

なんて言って瞬間にこちらは瞬殺されました。

 

やっぱ脳内の物質の濃度を高めることで、習慣的に改善していくものだから、頓服で飲んで即効性があるもんじゃない!って意見でした。

 

これは確かに理屈はわかるんだけど、なんとなく効いてるような気もするんだよなー。

 

でも飲んで飲まなくてで生じる浮遊感が嫌なので、1カプセルは最近毎日飲んでます。

 

というわけで、ストラテラ早朝覚醒が起こるかはわからないけど、頓服では使わないということがわかったわけです。

 

やっぱ先生も体調変化があるといつも以上に食い気味で質問してくれる。

 

どうしても心療内科系の問診は慣れるにつれ、淡々となってしまうもんね。でもこうやって何かあったときにちゃんと色々聞いてくれる先生を見つけることは大切だよ。

 

心療内科はやっぱ当たりハズレが大きいと思うんだよね。

 

これは医療系の経験がある人ならみんな思うはず。薬剤師なんて特に処方内容をみるから、A病院にこの人行っちゃったよ……B病院に行けばいいのにって処方箋もらうと思ったりする。

 

やっぱ薬、これ使う?ってDr.は未だにいるんですよね。

 

ジャンル全然違うけど、ぼくが担当してる施設の患者さんでずっとワーファリンを1mgで飲んでたのに、いきなり6mgになった人がいた。

 

ん?おかしくない?

 

って思って聞いたら、間違えましただって。

 

これはさすがにゾッとした。ワーファリンを間違えたらヤバいぜ。

 

でもこれは施設の人と仲良くしてるから聞けたり気付けたりしたこと。

 

ぼくは施設の人とのコミュニケーションをとても意識している。きっかけはパートナーに仕事とは?という部分を教えてもらったことから。そこからパートナーが人と接するときの様子とかを普段みていて、いい接し方だなというのを自分なりに取り入れてみたり。

 

パートナーはコミュニケーションがとても上手だから、普段から初めて会う人とか人と会う時とかどうやって接してるんだろ?って考えたり。薬剤師業務以外の部分で、営業的な要素の強い在宅で、他人に勝る武器を作る練習をした。

 

ぼくはもともとコミュニケーション苦手だけど、おかげさまでひょうひょうとしてると言われながらも、担当してください!って逆指名をもらえるようになった。

 

調剤や監査は本当にクソ。みんなごめんね!ってすごく思う。

 

だからこそ他の部分で負けないように輝けるものを見つける意識を持って臨んでる。ADHDの薬剤師さんからツイッターで相談を受けた。

 

そのときも言ったけど、在宅とADHDはすごく相性がいいと思うんだよね。

 

だから薬剤師で職場で悩んでる人は在宅を中心に探してみてもいいかも。ちょっと話が違う方向に飛んでしまってきたので、この辺はまた掘り下げましょう!

 

おれはもうねむい。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村